正しい治療法選び|おすすめの二重整形術で新しい人生を歩もう
ウーマン

おすすめの二重整形術で新しい人生を歩もう

正しい治療法選び

治療法ごとに異なる特徴

美容整形

にきび跡の治療にはしばしばレーザーが使われますが、一口にレーザーとは言っても様々な種類があります。フレクセルレーザーは月に約1回のペースで行われ、肌の表面に0.1mm程の穴を無数に開けて肌細胞の入れ替わりを促進させます。1回の治療で入れ替わるのは約1割と言われていますので、数回の治療が必要です。炭酸ガスレーザーはクレーター状のにきび跡に有効であり、水分に吸収される特徴を持つレーザーをクレーターの角に当てることで削って滑らかにしていきます。クールタッチレーザーでは、-30度の冷却ガスを噴きつけることで通常のレーザーによる肌の負担を軽減することができます。肌を傷めずににきび跡を治したい時に最適です。

ホームケアも念入りに

にきび跡を治すための治療を受けると、それだけで改善されて肌の状態も良くなっていくように感じてしまいますが、健やかな肌を作るためには日頃のお手入れも重要です。特にレーザー照射後は注意しなければならない点もありますので、しっかりと覚えて実践しなければなりません。治療を受けた後一週間程度は肌表面が非常にデリケートになっていますので、ガーゼ等で保護するようにします。瘡蓋になってしまえば、あとはこすらないようにして剥がれ落ちるのを待つだけです。治療範囲が大きい人や肌の弱い人は化膿止めを処方されることもありますので、処方されたら指示に従ってきちんと服用することも大切です。自分の判断で勝手に止めてはいけません。